授乳服は買わなくても大丈夫!育児中ミニマリストの10アイテムファッション

【ファッション】

ミニマリストといえば、少ない衣服というイメージがあると思います。
例にもれず、私も衣服は10着で着回すようにしています。(アウター除く)
では、どうやって10着まで絞り込んだのかを今回ご紹介しようと思います。

服選びの2つのコツ

必要数を見極める

必要枚数を見極めるのに大事なことは、
洗濯の頻度生活スタイルを考慮することです。


私の場合は、

  • 専業主婦で家族も多いので洗濯は毎日する
  • 子育て中でしょっちゅう米粒やヨダレまみれになる
  • 頻繁に抱っこやおんぶをするので動きやすいもの
  • ビジューやファーなどは引きちぎられる


ということが予測されますので、
気軽に洗えて動きやすいものというのが大前提です。


毎日洗濯するので、上下3着ずつあれば十分なのですが、
疲れている時や体調不良で寝込んでしまう時があるので、
余裕を持たせて5着ずつ用意しています。


また、
洗濯の頻度生活スタイルだけでは絞り込めないよ!
という人は、予算も合わせて考えてみてください。
より具体的に購入できる枚数が割り出しやすくなります。

なりたいイメージやテーマを決める

今冬の私のファッションテーマが「モノクロを着倒す!」です。
というのも、去年も10着で着まわしていたのですが
どうも色合わせを考えるのが面倒くさい。


色合わせを考慮すると、結局決まった組み合わせばかり。
着まわせる数が少ないので、あっという間に色物に飽きてしまいました。


ならば、
色数を最小にしてみたらどうなるんだろう?
モノクロだと飽きるのか?
という疑問が湧いてきたので、現在実験中です!

私が服に求める機能や条件

現在、乳幼児の育児中なので授乳しやすいものを選んでいます。
具体的には、

  • ワンピースは着ない(上下セパレートのアイテム)
  • ボタンダウンのニットやシャツ
  • カットソーはまくり上げやすいように厚過ぎない生地
  • ガシガシ洗える
  • 乳児の肌に触れても大丈夫なもの(コットンが基本でモヘアやビジューは避ける)

このように衣服に求める機能や条件がハッキリしていると
アイテム探しに苦労しなくてすみ、買い物の失敗もありません。
目的なく探すと膨大な時間を無駄にしてしまいます。(←経験者w)

全アイテム紹介

アウター

雪国で暮らす上で必須のコート。
機能重視でダウンコートは必ず所持することにしました。


ウールもあったかいのかな?と思い購入しましたが、
風が通り抜けていき寒いので、防寒面では機能不十分ですが
デザインが気に入っているので、野外で長時間過ごさない日に着用中。


大好きなトレンチコートですが、ここ数年あまり着こなせていません。
抱っこ紐使うときにボタンが多過ぎて引っかかるので使いにくい。


そしてタイトなサイズ感を買ったがゆえに、
中に着込めないので着れるのが短い春だけ。
ということで、断捨離候補入りしています。

トップス

全てお気に入りで、多いときは週2回は着用しています。
もう2〜3年ほぼオールシーズン着用しているので、
そろそろ買い替えようかと思っているところです。

ボトムス

無印のコットンデニムが大好きすぎて、2本履きつぶしました。
きっとこれからも買い続けると思います、もう快適すぎて他のデニム履けない。


産後新たに黒チノパンツを購入したのですが、はき心地が非常に良いです。
一日ダラダラ過ごしたいときに、デニムなんて履いてらんない!
そんなときに愛用しています。

まとめ

  • 授乳服がなくても工夫次第で代用できる
  • テーマを決めればアイテムを選びやすくなる
  • 衣服が少ないと着回しに悩まなくて済む
  • 1着1着を大切にするようになる


注意して欲しいのは、私にとって必要な枚数が10着だったということです。
あなたにとって必要な衣服は、もしかすると30着かもしれません。


それでもいいのです!
数字に惑わされず、本質を見失わないでくださいね。
大事なのは、きちんと全て活用できるアイテムであることです。

あなたにとってこの記事が少しでも参考になれば幸いです。


以上!