【bujo】8月〜9月分まとめ!【2020】

バレットジャーナル

先月8月からほんの少しデザインを変えたので、
2ヶ月分まとめてご紹介します!


とても小さな変化ですが、
すでに大きな効果を発揮しています。

少しでもお楽しみいただければ、幸いです♡

デザインを変更

今までマンスリーページの左端余白を
1つの縦長のメモスペースとして使っていました。


それを先月から週ごとのブロックに分割し、
ウィークリーメモにしてみました。

これが
めっちゃ使いやすい。


主な使い方としては、
1週間ごとの献立メモとして使っています。


今までウィークリーページに書いてたんだけど、
〇〇作ったのいつだっけ?と調べるときに、
やたらページめくって探すのが大変で。


なので、
週単位で管理じゃなく、月単位で管理する事にしたら
見やすい、調べやすい!使い勝手が良かったわけです。


見直す可能性が高い情報は、
マンスリーページに集約すると
使い勝手が向上すると新たな発見でした!

インデックスを付けてみた

手持ちのマステで作ってみました!

いやもう、
本当にたったこれだけなんだけど、

使い勝手が
格段によくなった!↑


考えてみたら当たり前なんですが、
フューチャーログ(年間予定)と
マンスリーログ(月間予定)
何度も何度もアクセスするページなんですよ。



使っているノートには、しおり紐が1本しかないので
じゃあ、マステで作るかと作ってみたんです。


するともう!ページ開きやすくなるでしょ?
調子に乗って、全部のマンスリーページ
インデックス付けてみたんですよ。

結果、
めっちゃ使いにくい


結局、
毎月使うページのみにインデックス付けました。
ここでも、Less is more.ですね。
必要最低限が最大効果を生み出すわけですよ!


貼ったり剥がしたりを想定しているので、
マステで作りましたが、これも正解でした。
毎月移動しやすいし、邪魔なら外せるのも◎。


使っているノートに”1〜12”と印字された、
インデックスシールが付属されていたのですが、
上記理由で、私は使っていません。

まとめ

見直す可能性が高い情報は、
マンスリーページに集約すると使い勝手が向上する!

・インデックスは必要最低限付ければ、
最大効果をもたらす!



こんな風に、毎月同じように使っているはずなのに
こうしたい!これなんとかならんのか?
といった自分なりの工夫が生み出される。


そして、自分で解決策を考えてみる楽しさが
バレットジャーナル にはあるのです!


使い方は自分次第。
好きなときに始められるのも利点です。


ビジネスや学校なんかでも、
9月というのは一つの区切りですね。
これを機に、あなたもバレットジャーナル
始めてみてはどうでしょうか?

使用アイテム詳細

以上!