家族がいても出来る!ミニマリストの始め方②

【ライフ】

数回に分けて、私が実際に行った事を元に
ミニマリストになる方法をまとめています。


前回、
キッチンシンクの掃除を通して「物が少ない方が、快適。」
という実感を得られるようにしよう!というお話をしました。


”Less is more.”を実感できたら進む、次のステップについて
我が家の具体例を交えつつ、紹介していきたいと思います。
少しでも参考になれば幸いです!

ミニマリストへのギアチェンジをしよう!

キッチンシンクという小さい場所ですが、
徹底的に綺麗にして維持する事で、こんな変化が起きるはずです。

1箇所綺麗な所があると、
他が気になって仕方がない。

目に付きやすいというか、今まで気にも留めなかった場所が
すごく気になって綺麗にしたくなる…。


この心境になってきたら、意識が変わってきたという事。
ギアを入れて、掃除範囲を広げ加速していきましょう!


シンクの次は、キッチンで目につく場所を綺麗にしていきます。
コンロ調理台ですね、こちらも毎日使う場所なので
徹底的に綺麗にして維持するようにしましょう。


注意するのは、目につく場所、という事です。
食器棚内部やシンク下収納など、扉を開けないと見えない場所は
まだ手を出さない方が良いです。

焦らず、
少しずつ範囲を広げるのがコツ。

我が家のミニマル化基本方針

私は、我が家をミニマル化するにあたって
基本方針というのをいくつか決めました。


出来るだけ早い段階で方針を決める事で、
無駄な出費や、これから何度も行うであろう
断捨離で迷うという事を回避できます。


これから具体例をあげながら、
我が家の3つの基本方針を紹介していきたいと思います。

見せる収納はしない

理由は2つ。

  • 収納用品にお金をかけたくない。
  • 掃除がめんどくさくなる。

あらかじめ収納できる上限をきっちり決めておくのがコツです。
収納できなくなった時点で、即断捨離するという目安になります。


綺麗に見せようとして、収納ボックスなどをたくさん買うと
それだけでものすごい出費になります。
物も増えるし、出費もかさむという理由から、私は見せる収納はしません。

目につく場所に物を置かないだけで、随分スッキリ見えますよ!

私は面倒くさがりな性格で、余計な手間が増えるのが苦手でして。
目に見える場所に物が増える=掃除の手間が増える
というのが、とにかく苦痛に感じてしまうのです…。

そう、
掃除だってやらなくていいなら
やりたくないのが本心(笑)

見せる収納は、維持管理の手間が増えるという事で
私は基本しないようにしています。

視覚ノイズを減らす

簡単にいうと、統一させるという事。
色味だったり、大きさだったり、配置だったり。


前回の記事を読んで実行していると、
とにかく雑然としているのを見ると気になってくる時期なので、
特に視覚ノイズに敏感になると思います。

毎日使う水切りマットとふきんは、
冷蔵庫と壁の隙間にかけて目に入らないようにしています。

実際、人は8割も視覚に頼っているそうなので、
パッと見渡してみて、目について不快だと思うものは
排除するか見えない場所に移動させましょう。

五感による知覚の割合として83%の情報は視覚情報から得ている … P9に「表1-1 人間の5感の情報能力」が掲載。 表中に、感覚の種類とそれぞれの情報能力の割合が図示されており、 上から「視覚(目)87.0%、聴覚(耳)7.0%、嗅覚(鼻)3.5%、触覚(皮膚)1.5%、味覚(舌)1.0%」と表記

https://quartet-communications.com/info/topics/42776 より引用

汚さないようにする

掃除が面倒ならば、
汚さなければいいじゃん!

という事で、
我が家では特に3つのことに気をつけています。

  • 掃除しにくいものは排除する。
  • 手入れしやすいものを選ぶ。
  • 汚れたらすぐに掃除をする。
掃除しにくいものは、見えない場所に片付けています。

キッチンでいうと、付属品で不要だと思うものは使用しません。
具体的には、水切りかご排水口のフタスポンジ立てなど。
特に水回りはすぐに汚れるので、掃除の邪魔になるものは使っていません。


また、キッチンで一番気をつけている事は、
コンロ掃除は料理しながらするという事。

???

どういうことか?


調理していると、油が絶対に飛び散りますよね。
なので、私はマイクロファイバークロスを片手に料理をし
油が飛んだら、その場ですぐ拭きあげるようにしています。



麺などを茹でていて、吹きこぼれたらすぐに火を止め
コンロと鍋を拭きあげてから調理を再開します。
そして調理が終わったら、コンロ周りと壁を拭きあげてから
食卓につくようにすれば、調理前と変わらず綺麗なままです。

つまり、
掃除>調理(笑)

こういう本当に小さいことですが、習慣化すると勝手に体が動くので
苦じゃなくなるし、いつでも綺麗を保てて気分も非常に良い。
小さい汚れでも溜め込まず、すぐに掃除をしてしまいましょう。

コツコツ掃除してれば
大掃除なんて
しなくていいんだよぉぉ!!

拭きあげるクロスは、マイクロファイバークロスがおすすめ!
水滴も油も、水拭きだけでさっぱり綺麗になります。
厚手でしっかり拭けるし、安いし色が選べるのでお気に入り。

まとめ

今回は、キッチンの目に見える部分を
綺麗にする事についてまとめてみました。
コツは、見せない収納こまめな掃除です。


次回も、引き続きキッチン編になります。
みんな気になるキッチン用品の断捨離について
まとめていく予定ですので、お楽しみに!

以上!