【解説】少ない服でも着回しができる方法【揃え方〜マンネリ対策まで】

ファッション

「少ない服でも本当に着回しできるの?」
「飽きちゃいそうで私には無理。」

こんな悩みをお持ちですか?


ミニマリスト筆者が数年かけて
結論付けた黄金比をもとに【服の枚数】から
具体的な【アイテムの選び方】
【マンネリ対策方法】についてまとめます。


少ない服で着回すことへの憧れがある方、
自分にできるか不安で一歩を踏み出せない…

そんな方はぜひ参考にしてみて下さい!

この記事を読むと分かる事!

超効率的な少ない服の揃え方
少ない服での着回し&コーデサンプル
少ない服でのマンネリ回避方法

きしみ
きしみ

Insta・Twitter・Pinterest
各SNSで実際に着た服を
毎日更新しています!

いいね♡を貰えると
めっちゃ励みになります!!

少ない服で着回すメリット

私が思う少ない服で着回すメリットは3つ。
順を追って解説します。

毎日お気に入りを着れる

考えてみれば当然ですが、
好きじゃないものを排除するだけで
毎朝「今日は何を着よう…?」という
悩む時間がなくなります。



むしろ「明日はこれを着たいな!」
と待ち遠しくなります。


お気に入りしかないクローゼットって、
最高にワクワクすると思いませんか?



1日頑張れる活力になるし、
ライフスタイルに合った服選びができれば
毎日気分よく快適に過ごすことができます。

ちゃんと管理ができる

少ない服だからこそ管理が行き届き、
清潔感を維持することが簡単になる。
大切に着たり手入れするから、愛着が湧く。


一つひとつのダメージ具合を把握することで
余裕を持って購入計画を立てられる。

「次の相棒はどれにしよう?」と考えたり
調べたりする時間が、とても楽しくなる。


少ない服だと身につける回数が多くなり
「たくさん着たから満足!」となるので
手放す時も全然辛くない。
罪悪感も減らすことができます。


ただ服の数を少なくしただけなのに、
精神的にも得られるメリットはかなり多い。

自分らしさを作れる

お気に入りを繰り返し着ることで
「自分が好きなもの=自分らしさ」
認識されるようになります。


有名な話だと、スティーブ・ジョブズは
黒いニット+デニム+スニーカーという
イメージが強いですよね。


ただ好きなものを着続けるだけで
立派な自己ブランディングができる。

「自分が好きなもの=自分らしさ」
になるのってすごい素敵だと思いませんか?


これぞまさに“Less is more.”
(より少なく、しかしより良く)

きしみ
きしみ

ちなみに私のイメージは
モノクロ・ボーダーらしいです。
すごく分かりやすい(笑)

少ない服の揃え方

トップス5枚はかなり厳選したので
これだけあればオールシーズン対応可能!

私が数年かけて実際に着回して出した結論。
「年間12着あれば問題ない」
アウター:トップス:ボトムス:+α=
2:5:4:1で定番服を揃えるのがコツ。



「自分でもできるか不安」という人でも、
具体的な数字とアイテムを提示しているので
何を揃えるか迷うことがありません。
マネするだけで服の少数化はできますよ。

少ない服での着回し&コーデ

トップスとボトムスを全アイテムと
組み合わせられるものを選ぶのがコツ!

トップス5+ボトムス4+ワンピ1だけで
全25パターンはあるわけです。
つまり、10着あれば1ヶ月の平日分は
余裕で着回すことができます。


詳しい着回しは
各SNSで見ることができます!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

少ない服のマンネリ回避方法

「少ない服だと飽きちゃいそう。」
と不安な人でも大丈夫。
少数のアクセサリーやカバン、靴で
マンネリ回避ができます。

靴が違うだけでも
バリエーションが出せます。

同じ組み合わせの服でも、アクセサリーや
カバン・靴次第でカジュアルダウンも
クラスアップも自由自在にできます。


アクセサリー類もほんの少数で十分です。
アクセサリーは全身コーデで占める割合が
少ないので、特に冒険しやすいですよ。


なので思いっきり個性的なものを選んで
コーデのアクセントにしたり、視線誘導して
スタイルアップすることもできます。



服が少ないからオシャレができない?
そんなことはありません。
工夫次第で十分楽しむことが出来ます。

きしみ
きしみ

むしろ服が少ないからこそ
スキンケアやヘアケア、
ネイルケアなどに意識がいく。


ワンランク上の美意識を
手に入れることが出来ます。

まとめ!

定番のデザインで揃えると長く着れる
アクセサリーこそ冒険してアクセントに
着回し力は総力戦と心得よ!

(服・アクセサリー・カバン・靴)

「少ない服」というと数に囚われがちですが
着回し力は総力戦なので、服以外の小物を
見直すだけでもコーデの幅が広がります。



服も靴もカバンもアクセサリーも、
たくさんは必要ありません。
この記事を読んだ機会に一つでも
断捨離してみませんか?


それぞれ具体的な数揃え方について
まとめた記事もありますので、合わせて
参考にしてみてくださいね。

以上!