【ミニマリストの服】普段着の数が全部で13着になった【毎日快適】

ファッション
悩める羊
悩める羊

ミニマリストって服が少ないけど
実際、どれくらいの数なの?

筆者
筆者

私の普段着の数は
全部で13着になりました。
これだけで1年間を
問題なく過ごせています。

普段着の数が全部で13着になりました。
内訳はアウター2着、トップス6着、
ボトムス4着、ワンピース1着となり
今季は7着を着回しています。

ダメージが目立つため手放した5着
新しく購入した2着についてまとめます。

この記事を読むと分かる事!

・ミニマリストのリアルな服の数
・ミニマリストの服の選び方

手放したアイテム

穴が開くまで着たトップス

無印良品 ボーダーカットソー

実はこれ、
撮影時に穴が開いている事に気付きまして。
私はまったく気づいてなかったので、
まだまだ着る気満々だったんですよね。

筆者
筆者

なんと!夫は前から
気付いていたそう。
だったら教えてくれよ!!
って話ですよね(笑)



とはいえ、
何年着たか忘れるくらい長く着ているので
一度手放すことにしました。


着回し力もあって使い心地も良くて
何より私によく似合っていた服でした。


なので、
春になったらまた同じものを買います。
こういう、「また欲しい!」という時に
ちゃんと買える無印良品ってマジ優秀。

約6年愛用した白シャツ

無印良品 白シャツ

この白シャツも私に似合っているアイテムで
真夏日以外はオールシーズン着ました。
着回し力が段違いで、もはや必需品レベル。


ですが、さすがに手入れをしていても
生地が薄くなり、襟まわりの黄ばみや
袖口の汚れなどが気になるように。


この辺で一度手放して、
新しい白シャツを迎え入れようかと。
この数年で無印良品の白シャツの
バリエーションも増えたので、
春までじっくり選ぼうと思います!

産後に活躍したチノパンツ

無印良品 ストレッチチノパンツ

ちょうど3番目の子を出産後に購入して、
約2年ほど着倒しました。産後の体型変化に
ちゃんと合わせてくれて重宝しました。



ストレッチがしっかり効いているので、
子供を抱えて座ったり立ったりも楽々だし、
腰回りがゆとりあるデザイン。
これは本当子育て中の人にピッタリかも!


シルエットはテーパードなので、足首が
スッキリ見えます。私の場合、腰回りが
強調されるのでやや苦手なデザインでした。


サイズ感が少しゆとりがある感じで、
足へのまとわりつきが気にならず
真夏でも着ることができました!
オールシーズン着れるので着回し力も◎


2年間しっかり着倒して、
色あせが目立つようになり手放すことに。
私の乳幼児育児を支えた1着ですね。

冬アウター2着

モンベルは3年、ウールコートは2年ほど
着倒しました。どちらも色あせと形崩れが
目立つようになったので手放すことに。


北海道へ移住して最初に買った防寒服が
モンベルのダウンコートでした。
これ本当に暖かくって!外気−10℃でも
シャツ1枚でも大丈夫なくらい!!


もうモンベルダウンなしでの雪国暮らしが
考えられないくらい気に入ってます。

もはや必需品、
なくてはならない物。

一方、
ウールコートはデザインで選びました。
真冬の寒さには耐えられないけれど、
綺麗なシルエットで気に入っていました。


ダウン着るほどじゃない秋や春先に
重宝していましたし、綺麗目シルエットで
子供の行事や式典などで良く着ました。

新たに仲間入りしたアイテム

選ばれたのはモンベルでした

モンベル ベルニナダウンコート ¥24,500(税別)


ウールコートが厳寒期に着るには心許ない
防寒機能だったので、より機能性を重視して
冬アウターを厳選することにしました。



ここでもやっぱり、Less is more.の精神。
(より少なく、しかしより良く)



ダウンコートといえば水沢ダウン
カナダグースノースフェイスが有名。
あとモンクレールも調べたのですが
これは値段で目をひん剥いたので即却下。


いろいろ調べたり試着したりしてみて、
やっぱりモンベルにたどり着きました。


高品質ダウンでしっかりした防寒機能
お手頃価格自宅で手入れ可
と言ったら、もうモンベルしかなかった。
国産メーカーなのもポイント高いです。


私の必要とする機能全てが詰まったコート!
前回のハスキーコートと違って今回の
ベルニナダウンコートはよりシンプルな
デザインなのも大きなポイントです。


モンベルのダウンコートのおかげで、
トップスをオールシーズン着まわせます。
より効率的に服を集めるなら、
アウターこそ妥協せず投資すべき。



あまりにモンベルのダウンコートが好きで
夫にプレゼンした所、気に入ってくれて
夫婦で同じベルニナコートを買いました。

結婚指輪以外で初めてのお揃いです(笑)


同じデザインで、ちゃんとメンズも
レディースもあってそれぞれS〜XLまで
サイズ展開されているので、自分にあった
サイズを見つけることができますよ。

やっぱりタイトスカートが好き

どうしてもタイトスカートが欲しくて、
やっと見つけたユニクロのタイトスカートが
優秀すぎて記事に書き起こしました(笑)


本当に着回し力バツグンで組み合わせる
アイテムを選ばないし、着心地が楽なので
よくタイツと合わせて着ています。


最近は特にデスクワークが多いので、
ズボンよりもスカートの方が本当楽。


スキニーパンツしんどい!という日は
大体タイトスカートを履いています♡
仕事着としても重宝すると思います!

まとめ!

服の数は少なくても全く問題ない

服の数が少ないと不便なのでは?といった
質問だったり不安だったり心配?されますが
服の数が少なくて困った事はない。
むしろ、快適なのでオススメしたいくらい。


少数でもちゃんと着回し力を考えて
アイテムを厳選
しているので、組み合わせる
楽しみもありながら「今日何着よう…」
という悩みがゼロなので毎日が超快適です。

服で投資すべきはアウターと靴

何かの本で読んで、かなりうろ覚えですが
「服は上着と靴にお金をかけるのが賢い」
みたいに私は理解したのですが、本当これ!


特に北海道は冬に重点を置いた服選び
大事ですし、実際に住んでみて学んだのは
アウターと靴がしっかりしたものであれば
長い冬が全然つらくない!



暖かく良いアウターがあれば、
中に着る物は夏物でも問題ないわけです。
北海道に住まなければ、
得られなかった大きな気付きの1つですね。


なので、年間着回す服を賢く揃えたいなら
アウターと靴に予算を投入するのが良いと

私は考えます。それくらい重要です!


とはいえ、
アウターも買い替えを前提としているので
どれくらい予算をかけるかは個人で考えて
無理がない範囲で選ぶ必要があります。

服は定期的に買い替える

以前は、
良い服を長く着ようと考えていました。
今は考えが変わって、服は買い替える物
考えるようになりました。


まず良い服を探し出す時間と手間が惜しい。
見つけたとしても、だいたい高額なので
普段使いするには精神的にしんどい。


最近は特に、探す時間が本当にダルイ。
その時間をブログ書く時間に充てたい。


なので、
私はトップスボトムスの上限7000円を
目安に着心地がいいものを選んでいます。


ほぼ着たい服がこの数年で明確化できて
探す手間はずいぶん短縮されました。


私がミニマリストやっているのも
やりたい事をやる時間捻出のためなので、
ここでもLess is more.が役立っています。
(より少なく、しかしより良く)


以上!